日本における弁護士資格を取得する条件とは

日本で弁護士の資格を取得するためには法律学のある大学院を卒業したうえで、新司法試験に合格し、研修を受けることが一般的な条件です。新司法試験は難易度が高く、その後も研修があることから弁護士資格を取得するまでには時間がかかります。最高裁判所の裁判官に就いた場合は試験なしで弁護士資格を取得できます。このほかにも、連合会の研修を修了していて、かつ法務大臣から認定された人も弁護士資格を取得できます。このケースに当たる主な例として、検察官として5年以上在職した人が特別考査に合格していた人がこれにあたります。他にも、司法試験に合格したしないに関わらず、2004年4月1日現在で法律学を勉強している人や大学院の教授または助教授としての勤務歴が5年以上である人にも弁護士資格が与えられるようになりました。条件としては弁護士会に加入することが条件です。日本の弁護士資格は複雑で最難関の資格でもありますが、資格を取得すれば長い道のりを越えてきた達成感が出てくることでしょう。

着物買取

切手買取

仮面ライダー

切手 高額買取

ネイルサロン 開業